2019年10月27日

・台風により被害に遭われた方々を覚えお祈りいたします。
 一日も早く元の生活に戻れますよう、神さまの慰めと平安がありますように。
・共に礼拝を守ることができましたこと感謝です。
・礼拝後、寮美千子氏をお招きし「加害者にまる前に被害者だった
 -奈良少年刑務所 絵本と詩の教室-」のテーマのもと、秋の特別集会を行いました。
・その後、壮年会主催焼肉パーティを行いました。


◎説教メモ「もうじき時が来る」ヘブライ人への手紙11:32〜12:3 金鍾圭牧師

 情報番組で、あるパン屋が紹介されていた。同じ味のパンを三代に渡って作り続けているそうだ。一時パン屋になろうと思った私だが、大変だと知り諦めた思い出がある。代々受け継ぐというのは素晴らしいことだ。その仕事に魅力を感じていなければなし得ないことだ。
 代々に渡って信仰が受け継がれることは人の業を超えた出来事だ。だが、その中には苦難と誘惑が潜んでいる。途中離れようと諦めたい瞬間が訪れるかもしれない。けれども神は私たちを諦めてはいない。いつも探しておられる。もうじき時は来る。キリスト教の魅力を分かる時が。その時を願いならが歩んでいきたい。
Img_37f99dae7119211581ceed2e40fda3af
Img_6325613e02fe6053edf67af3e54abfc9
Img_35995818f9b2a41c2005faf039493193

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする