◎2019年8月25日(日)礼拝

・子どもと大人が共に礼拝を守ることができました。感謝です。
・自由のために戦っている友の上に主の御導きがありますように。
・病と戦っている友を覚えてお祈りいたします。
・新しい学期を始まる子どもの上に、主の恵がありますように。


◎説教メモ「希望を失わないように」テサロニケの信徒への手紙一1:1〜10 金 鍾圭牧師

 フィリピでの良き伝道活動の後、パウロたちはテサロニケに向かった。彼らはユダヤ人の会堂でイエス・キリストについて語り、大勢の人々がキリストの福音を受け入れた。しかし、パウロたちを妬んでいたユダヤ人たちがいたため、夜のうちにその地から逃げざるを得ない事態になった。パウロは、残されたテサロニケの信徒が心配になり、状況を把握するためにテモテを派遣した。そして戻ったテモテからテサロニケの様子を聞いたパウロは、本書を送ったのである。不安の中にいるテサロニケ教会へ励ましと希望へのメッセージが記されている。
 私たちは毎日繰り返される不安の中にいる。特に今の世の中を見てみると、その不安は増しているように思う。個人の問題、自然災害、政治、経済、国際関係など、あらゆる課題が不安となり、私たちに襲いかかってくる。テサロニケ教会も同じ状況だった。その中で、彼らは神と共に歩む喜びに身を任せたのである。
 私たちも希望を失わないように神との道を歩んでいきたい。
Img_0ebb34a63819ab9a1654633223cedecf

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする