Img_dfd9978fdb489890e70910704f91bfa2
Img_181a06934062b9e22eb298897eb9d765
アクア混成合唱団
◎2019年8月18日(日)礼拝

・子どもと大人が共に礼拝を守ることができました。
・この世の中に、キリストの正義と愛が実現されますように。
・礼拝後、被災地復興のためのチャリティーコンサートが
 アクア混成合唱団により行われました。
 集まれた募金は被災地へ送金いたします。


◎説教メモ「互いに思いを一つに」ローマの信徒への手紙12:9〜21 金 鍾圭牧師

 本書に記されている「互いに思いを一つに」という言葉は、とても素敵な一言である。出身や背景が異なる者たちが集まり、同じことを目指し理想を夢見る。一方で「思いを一つに」の裏に隠れている現実的な重さを看過してはいけない。重要なのは、「何の思い」を一つにするかだ。私たちは、聖書や歴史を通して「思いを一つに」した様々な出来事を知っている。
 旧約聖書の「バベル塔」の物語では、同じ言葉を使っていた人々が、神に近づくため、強大な塔を建設したことが記されている。神はこの様子を見て、彼らの言語を混乱させ、彼らを全地へ散らされた。思いを一つにした傲慢な人間の代表的な出来事である。
 思いを一つにすることは素晴らしいが、その思いの中身について、私たちはいつも警戒しなければならない。
パウロは9節を通して偽りのない愛を持つことを強調している。自分たちの命を狙う敵までも、キリストの愛を用いて対応する重要性を主張しているのだ。
 キリストが私たちに示された愛を、私たちもこの世に行うことが出来るように歩んでいきたい。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする