Img_c701b8bc043e40c6ad4aafea4822286c
◎2019年7月21日(日)礼拝

・主の日の礼拝をささげることができました。
・CS礼拝(子どもの礼拝)では、柴山真理さんによって
 パウロのお話を伺いました。
・礼拝後、定例役員会が行われました。
・7月から9月まで「本日の食堂」のうどんはお休みとなります。
 替わりに隔週でおにぎりとサンドウィッチとなります。


◎説教メモ「眠くても、落っこちても」使徒言行録20:7〜12 仲程愛美牧師

 もうダメだと思う時がある。特に自身の手には負えない事柄を前にすると、人は諦め、断念し、望みを捨てる。一概に悪いことではなく、己の限界という意味では、諦めが肝心だということも納得がいく。だがそれは人間の思い、感性だ。
 パウロは夜通し語っていた。出立を前にして、その語りに熱が入ったのか「話が長々と続いた」と聖書は記す。集まっていた一人の若者は、眠りこけ3階から落下し命を落としてしまう。パウロはすぐさま降りていき、彼を抱きかかえ「生きている」と宣言する。そして何事もなかったかのように、パンを裂き皆で食し、語り始めた。
 極端な言い方だが、眠気に襲われようとも、命を落とそうとも、神の言葉は語られ、主の恵みは分かち合われる。私たちに対する神からの呼びかけは中断することがない。それは人間の限界、絶望の先に備えられている神からの慰めであり、希望なのだ。
 私たちの歩みには中断はあるかもしれないが、神の招きは何があろうと続くのだ。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする