Img_d955a2993fd9b5a29eb472f8edc8751b
◎2019年7月14日(日)礼拝

・主の日の礼拝をささげることができました。
・7月にお生まれになった方々を覚えて、
 子どもと大人が共に礼拝をささげました。
・礼拝後、CSスタッフ会が行われました。
・7月から9月まで「本日の食堂」のうどんはお休みとなります。
 替わりに隔週でおにぎりとサンドウィッチとなります。


◎説教メモ「律法より大事なことは」使徒言行録11:4〜18 金 鍾圭牧師

 ペトロがコルネリウスと出会った出来事は、ユダヤ人キリスト者たちにとって衝撃だった。コルネリウスはローマ軍の百人隊長であり、これが意味するのは、彼が異邦人であることだからだ。当時ユダヤ人は幼い頃から「異邦人とは関わるな」と教えられてきた。その中で育ったユダヤ人はキリスト者にも関わらず、ペトロが行った事を理解することは出来なかったのだ。
 ペトロ自身も神と出会った幻に拒否感を抱いていた。律法で定められているように、食べてはいけない物を「食べろ」と命じた神の一言は、彼の文化・慣習を否定する事であったからだ。
 異邦人にも聖霊の働きが臨在したこの出来事は、キリスト教共同体に大きな転機をもたらすこととなった。ユダヤ人のみならず、誰もがキリストの救いの対象である事を改めて知ることになったのだ。
 律法は厳しい掟ではなく、人を生かす恵みである事を忘れてはならない。キリストがこの世に来られたことは戒めを強調するためではなく、私たちを救い、愛と赦しを与えるためである。律法より重要な事を私たちは既に教えてもらった。この大事な思いを心に刻みながら歩んでいきたい。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする