Img_89b682f603adeb8b45b755f76d8b2291
Img_66797f1fce333003391eba08a11e7024
Img_5b0f34fb9c98e1b1b2355477ef92afc7
子ども祝福式
◎2019年6月23日(日)礼拝

・花の日・子どもの日礼拝として、子どもと大人が
 共に礼拝を守ることができました。
・礼拝中、子ども祝福式が行われました。
・病と闘っている友を覚えてお祈りいたします。


◎説教メモ「その一輪が」使徒言行録5:12〜16 仲程愛美牧師

 聖霊に満たされた使徒たちの働きは民衆を驚かすものだった。多くのしるしと不思議な業により、人びとの「命」を生かした。聖書の記述からは大勢の人々が癒され、また主を信じる者とされたことが分かる。だがそこにはたった一つの、主との出会いがあり、各々が真に「生きる者」になる経験がいくつもあったに違いない。多くのしるしと業の背後に、どれだけの物語があったかを想像する。
 神は使徒を通して聖霊の働きにより、誰一人としてもれることなく「生きる者」として招かれた。「多くの」奇跡に込められた一つ一つの神の想い、まなざしは貴い。
 一輪の花は花束の前には見劣りするかも知れないが、花束は一輪一輪の花がなければ成り立たない。一輪咲いても花は花だ。
 その一輪に込められる神の計画のように、私たち一人一人も神に用いられる、託されていることを覚えたい。「命」を守り「生きる者」へと導く神の働きの小さな、しかし限りなく貴い担い手でありたい。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする