Img_98fd98b1f2ead5bf79080ac30fc049d3
本日の礼拝
◎2019年6月16日(日)礼拝

・父、子、聖霊を思い、三位一体礼拝を守ることができました。
・礼拝後、定例役員会がありました。
・病と闘っている友を覚えてお祈りいたします。


◎説教メモ「主の名を呼び求める者は」使徒言行録2:14〜21 金 鍾圭牧師

 五旬祭(ペンテコステ)の出来事を未だに信じようとしていない人々に、ペトロは彼らがよく知っている旧約聖書のヨエル書3章を引用し、起きた現象について説明している。
 ヨエル書の預言は次の4つから成る。1)聖霊の普遍的な授与「わたしの霊をすべての人に注ぐ」、2)福音の普遍的な宣言「彼らは預言する」、3)霊的な悟り「若者は幻を見、老人は夢を見る」、4)確証を与える証「天に不思議な業を、地に徴を示そう」。
 この預言の究極的な意味は、「主の名を呼び求める者は皆、救われる」である。誰もが主のみ名を呼び求めるのであれば、人種・階級に拘らず、主によって救われる。
 ペンテコステは私たちに対する神の普遍的な救いの御業である。差別や不合理が蔓延している世の中に聖霊の臨在の出来事は、私たちに大きな意味をもたらしている。
 キリストの体である教会の聖徒として聖霊に満たされ、主の救いの喜びを交わりながら歩んでいきたい。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする