◎2019年2月17日(日)礼拝

・週のはじめ、共に礼拝を守ることができました。感謝です。
・礼拝後、定例役員会を行いました。
・病と闘っている友を覚えて祈ります。

◎説教メモ「聞く耳」ルカによる福音書8:4〜15 金 鍾圭牧師

 イエスがこの世に来られたのは私たちを救うためだ。救いの道を歩ませるために、神のみ言葉を伝え、神を信じるようにと人々を説得しなければならない。ところが、イエスは比喩で語る理由として、イザヤ書6章10節を用いながら『…「聞いても理解できない」ようになるため』と言っている。
 人々に神の救い、神の国について理解させるために、福音を宣べ伝えられたイエスであったことを考えると、本書の内容は納得しがたい。イザヤ書6章も同様である。これを私たちはどのように受けとめるべきなのか。
 本書の言葉には、神の憐れみが内在していると思う。「理解できないよう」ではなく、むしろ悟らせるために比喩の言葉を用いられた。「聞く耳のある者は聞きなさい」がその印ではないだろうか。
Img_97fa1bf17213499e3c16854dc2cda248
本日の礼拝

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする