◎2019年2月10日(日)礼拝

・2月にお生まれになった方々を覚えて、子どもと大人が共に礼拝を
 守ることができました。感謝です。
・礼拝後、CSスタッフ会がありました。


◎説教メモ「仕返しはしない」ローマの信徒への手紙12:17〜19 仲程愛美牧師

 目と鼻の先に自分の命を狙う者がいる。ダビデとサウル王のいく度とない巡り合いは、それぞれの心の在り様を問い、映し出していく。
 妬みそねみ、憎しみ怒りは人間の感情の一部であることは否定できない。そこから生まれる復讐心もまた人の心。ダビデは人間の感情の前に一歩立ち止まって考えた。神の思いはどこにあるのかと。
 神に委ねるということはある意味で「人間の思い」を捨てることだ。ダビデの行動の源は「神」が主語にある。どこまで行っても自分本位のサウルと、神の意志を尊重したダビデ。負の感情すらも神に任せていいことを覚えていたい。
Img_f61d10ab9eb8d62a7b6ea6cdde91da25
主日礼拝

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする