◎2018年12月30日(日)礼拝

・2018年の最後の主日を歳晩礼拝として、子どもと大人が共に礼拝を
 守ることができました。ありがとうございます。
・自然災害が多かった今年ですが、新しい2019年も主のお導きの中で
 歩むことができますように。
・礼拝後、共育コア会がありました。
・2019年1月1日(火)午前11時から元旦礼拝です。


◎説教メモ「標識を間違えずに」マタイによる福音書2:1〜12 仲程愛美牧師

 東方の学者たちは異国の地に住む、ユダヤ人とは全く違う背景の中で生きていた。その彼らが言い伝えを頼りに輝く星を受け入れ旅に出た。そして救い主イエス・キリストを探し当てたのだった。
 他方、メシアの到来を長らく待ち望んでいたユダヤの民。しかし人々が星の出現に戸惑っている様子を聖書は伝えている。不思議な星を神の導きとは受け入れられなかった人々だ。
 自分の進むべき道(星)を見つけ、歩み出す人々は力強い。権力や常識にとらわれない。人生の標識を間違えてはならない。幼子イエスのいる場所の上に止まった星を見て、学者たちは「喜びにあふれた」のだ。
 この1年を神の導きにより歩めたことに感謝しつつ、一人一人が星を頼りに歩めたかを振り返りたい。
Img_604e0660d60e2bf3422fc935c3180077
本日の礼拝

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする