◎2018年9月30日(日)礼拝

・愛する兄弟が天に召されました。
 ご遺族の方々の上に主の豊かな慰めがありますように。
・共に集まって賛美し祈り、み言葉共に恵まれて感謝です。
・台風24号の影響で礼拝後の全ての行事は中止となりました。


◎説教メモ「一触即発の前に」金 鍾圭牧師 出エジプト記32:7〜14

 モーセとイスラエル民が一触即発の危機を迎えていた。モーセがシナイ山に登り、大分時間が過ぎても帰って来ない。不安になった民たちは偶像を造ってしまう。これが神の怒りに触れた。モーセの前で神はイスラエル民を絶滅することを宣言したのである。
 その時、モーセの取った行動は驚くべきものであった。イスラエル民のために神の意志を引止めようとしている。一歩間違えると自分の命も保証できない状況の中、彼は自分より民を救う道を選んだのである。怒りの神の前で、モーセも譲る気はない。恐れの中、彼は大胆に民を救うために神になだめて語った。神はそのモーセの言葉に耳を傾け、告げられた災いを思い直されたのである。
 緊迫の中で、神の怒りに恐れてしまいモーセが黙ったのであれば、イスラエル民は絶滅されたであろう。しかし、勇敢なモーセ、またその声に答えて下さった神によって彼らは救われたのである。
 怒りの神でありながら慈愛に満ちる神と、その僕モーセの協奏による出来事がここにある。
Img_e8fb38f48e1e255564aeb3c453e85e69

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする