◎2018年5月13日(日)礼拝

・5月の誕生者、母の日を覚えて、子どもと大人が共に礼拝を
 守ることができました。感謝です。
・礼拝後、壮年会主催お寿司パーティー、CSスタッフ会がありました。
・今週の祈りの課題は「ペンテコステを覚えて」
 「世の中の母たちを覚えて」です。覚えてお祈りください。

◎母の日
 今から111年前、アンナ・ジャービス夫人が教会学校の教師をしていた
 母親を偲び、記念会で白いカーネーションを贈ったのが始まりです。


◎説教メモ「大事だから」テサロニケの信徒への手紙一2:7、8、11、12 仲程愛美牧師

現存するパウロの手紙で最古の手紙は、テサロニケ教会の人々への愛に溢れたものだった。その内容は神が私たちをどうご覧になっているかを想起させる。神は母となり、父となりそれぞれの歩み(成長)を見守っている。
大切なことは伝えたい。だがその方法は様々あっていいと思う。相手を大事に思うからこそ、自身の立ち回りも変えていくのだ。
信仰(神と共に生きる)は懇々と説明するものではない。時に優しくゆったりと、時に厳しく力強く…生き様を通して示すものかもしれない。
Img_26e443f9c2038467091f6e4c4cfb13b4
本日の礼拝
Img_f49418fd08734c3ad7316be1c7c3c223
母の日プレゼントをお渡しました。
Img_59facc137ec1dab652093920392f47ec
お寿司パーティー

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする