◎2017年1月21日(日)礼拝

・皆さんと共に、一週間の始まりの日、主日礼拝を守ることができました。
・CSでは、豊中教会のCSスタッフ(2名)が訪問して下さり、共に礼拝を守りました。
・礼拝後、定例役員会がありました。
・病と戦っている友を覚えてお祈りください。


◎説教メモ「イエス親衛隊結成」マルコによる福音書1:14〜20 金 鍾圭牧師

親衛隊とは国家元首やそれに類する人の身辺警護をする武装組織を意味する。日本では他の意味として、80年代にアイドル産業が頂点を極めるに伴い、各アイドルを応援する「親衛隊」も生まれ始めた。彼らが盛んだった時期には「連合」などを結成し、何千人も活動していたが、アイドル冬の時代の影響で彼らの姿も見なくなった。
イエスは活動を始めると同時に、弟子たちを招いた。最初は数人だった弟子が、12弟子になり、最後には何千人まで増えた。彼らの中にはイエスの教えに影響を受けた人もいる一方、政治的な問題解決のため、イエスの弟子になった人もいる。それぞれが違う目的でイエスの弟子になった。まるで彼らはイエスの親衛隊的な存在であった。
だが、一体この弟子たちの中で何人がイエスの十字架の苦難を見守っていただろうか。自分の理想の姿、偶像(アイドル)としてイエスについて来た者たちはどこで何をしていたのか。イエスが弟子を招いたその意味を考えていきたい。
Img_9f89d4b0cb42c630e9ba0071d88837f2

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする