◎2017年9月17日(日)礼拝

・敬老祝福礼拝として礼拝を守ることができました。信仰の先輩たちを思いながら、
 これからも長い日々を共に歩むことができますように。
・CS礼拝の時、柴山文男さんがお話をして下さいました。感謝です。
・今週は「アジアの平和のために」「秋の特別集会を覚えて」を課題として
 共に祈りながら歩みたいです。
・病と戦っている友を覚えてお祈りください。
・礼拝後、定例役員会が行われました。


◎説教メモ「知音」金 鍾圭牧師 コリントの信徒への手紙一1:10〜17

 中国の思想家である列子(れっし)の湯間(とうもん)篇に、春秋時代の琴の名手、伯牙(はくが)の話が記されている。彼は一番の理解者であり、親友だった鐘子期(しょうしき)が亡くなると、自分の琴の音を理解してくれる人はもういないと、琴の弦を切って、二度と弾くことはなかった。この故事から「伯牙絶弦」(はくがぜつげん)または「知音」(ちいん)という言葉が生まれた。
 コリント共同体の中にはキリストによって一つであるにも関わらず、共同体の中で派閥ができていた。お互い「○○派」と強調し、互いに一致できなかったのである。この話を聞いたパウロは直ちにコリントの信徒へ手紙を書くことにした。キリストの共同体として歩むべき道を教えたのだ。
 互いに尊重し合わず、自己を絶対化する現代社会。琴の音を通じて理解し合った伯牙と鍾子期のように、今の世の中はキリストによって互いに尊重し、愛し合う教えが何より必要ではないのか。パウロが語るように福音を告げ知らせるために…。

Img_e053e7ca80c893db594de12909f06ad6
本日の礼拝
Img_c73c1652affcdbbcda6b7c09d37adcb2
CS礼拝

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする