Img_4a1d34ae17e4a616e5e3ea5f3fa7bbba
Img_37393f2646a86672b6f94dede55816cc
Img_043bb233469c86b20ccf0cd814b2b176
◎2017年8月27日(日)礼拝

・新しい一週間も神と共に歩むことができますように。
・大人と子どもが共に礼拝を守ることができました。
・礼拝後、アクア混声合唱団により、被災地復興のための
 チャリティーコンサートが行われました。感謝です。


◎説教メモ「その背後に」仲程愛美牧師 コロサイの信徒への手紙3:18〜4:1

 神の愛によりイエスと結ばれている私たちは、その愛によってまた隣人と結びついていく。「愛は、すべてを完成させるきずなです。(3:14)」と語る著者は愛によって繋がっていく人間関係を示そうとしている。文面だけを見れば、時代錯誤のように感じるが、その根底にある「神の家族」のあり方を考えたい。
 辞典によれば、社会生活を営む人間の最小の生活単位は個人ではなく、家庭だという。だが今や家族・家庭のあり方は様々であり、人々の生き方、生活そのものが変化してきた。その中で「神の家族」をイメージするのは難しい面がある。
 人間同士のきずな(愛)には限界があり、不確実である。だからこそ、その人間の背後にある神を見上げ、感じなければいけない。愛せない相手、支えたくない相手でも、その間に神がおられ、イエスが繋いでいてくださっていることを忘れず「神の家族」の交わりをしていきたい。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする