Img_efca1693123889531663651cbb88d545
2019年11月17日

・主日の皆様と共に礼拝を守ることができ感謝です。
・CS礼拝では、柴山文男さんから「ヨナ」のお話を伺いました。
・礼拝後、定例役員会がありました。


◎説教メモ「御手を伸ばしてくださる」出エジプト記2:1〜10 金鍾圭牧師

 神の救いの御業の中で、モーセによるイスラエルのエジプト脱出の物語は、序盤からドラマティックな展開で読者の目を奪う。イスラエル民をエジプトから救い出したモーセも、救われた存在として描かれているのだ。
 モーセが救われる場面が記されている本箇所の特徴は、どこにも神が登場していないことだ。モーセをナイル川に流したのはモーセの母だった。川からモーセを取り上げたのはエジプトの姫だった。姫に乳母を紹介するのはモーセの姉だった。しかし、私たちは知っている。この一連の話の流れを主導するのは神であることを。神は常に御手を伸ばして下さっている。特別に言及しなくても、神のお助けと見守りの内に私たちは生きているのだ。
 また、救いの恵みを受けたモーセは、イスラエルを救い出す英雄として成長していく。私たちは、いつも神によって救われ、助けられている存在である。しかし、ただ助けられるのではなく、この世を救いへの道に案内する役を担うことを忘れてはいけない。モーセが行なったように、私たちもそのような道を歩んでいきたい。
2019年11月10日

・台風により被害に遭われた方々を覚えお祈りいたします。
 一日も早く元の生活に戻れますよう、神さまの慰めと平安がありますように。
・本日は石橋教会のオープンチャーチでした。礼拝はウェルカム・誕生者祝福礼拝として
 子どもと大人が共に礼拝を守ることができました感謝です。
・礼拝後は続いてオープンチャーチ(ミニセール、ミニコンサート、食堂)を行いました。
・皆様お疲れ様でした。


◎説教メモ「信じて、手をつかんで」マタイによる福音書8:1〜3 仲程愛美牧師

 イエスに「おできになります」と言ったその人は、絶対の信頼をイエスに寄せていた。信じるには理屈はいらない。相手のすべてに身を任せ、委ねるのだ。きっとその先には、素敵な何かがある。
Img_2e521cfd3a3a785576424c2721b353d4
Img_924d2fa4458e0da69d310ef5c6775e0f
Img_f8d14c29e6117213b4db976dda4bc4dd
Img_e8ae745853a90ba78ec82505fb7b9ffa
2019年11月3日

・台風により被害に遭われた方々を覚えお祈りいたします。
 一日も早く元の生活に戻れますよう、神さまの慰めと平安がありますように。
・CS礼拝では、河野和子さんからお話を伺いました。
・先に昇天された永眠者99名を覚えて、永眠者記念礼拝と守ることができました。
・礼拝後、偲ぶ会が行われました。


◎説教メモ「天上の友を覚えて」ヨハネによる福音書3:16〜21 金鍾圭牧師

 ニコデモという人がイエスを尋ねようと、夜にイエスのもとに来た。なぜ、彼は夜に出かけたのか。ニコデモは「ファリサイ派に属しているユダヤ人たちの議員」だった。ユダヤ社会の指導者を務めていた彼が、イエスのところに訪れるのはユダヤ人を裏切る行為であったため、ニコデモは夜にイエスを尋ねざるを得なかったのだ。
 ところが、その後ニコデモはイエスを埋葬する際に、没薬などを持参して参加していたことが分かる。他者の視線を意識し、夜にイエスを尋ねた彼が、自分がイエスと関わっていることを公表する瞬間である。何が彼を変えたのだろう。
 世の光として、人類を救うためにこの世に来られたイエス・キリスト。「真理を行う者は光の方に来る」との聖句のように、ニコデモはイエスの恵みを受け、真理を行う者になった。
 天上の友を覚えて永眠者記念礼拝を守っている。私たちより先にキリストの道を歩んだ方々は、光の方に進み、真理を行う人生を生きていた。その偉大な遺産を私たちも受け継ぎ、真理を行う者として歩んでいきたい。
Img_60cb7b1ed3bde82af8408c91ad4eb341
Img_81982d58c65a54d6930a3f52ed08bc7e
Img_198fec526f624fc26e511db6d09def16
Img_8e3fb4fedbab0db83339d38514d7f68e
Img_16cabade13a70ac91004dd96f9662449
2019年10月27日

・台風により被害に遭われた方々を覚えお祈りいたします。
 一日も早く元の生活に戻れますよう、神さまの慰めと平安がありますように。
・共に礼拝を守ることができましたこと感謝です。
・礼拝後、寮美千子氏をお招きし「加害者にまる前に被害者だった
 -奈良少年刑務所 絵本と詩の教室-」のテーマのもと、秋の特別集会を行いました。
・その後、壮年会主催焼肉パーティを行いました。


◎説教メモ「もうじき時が来る」ヘブライ人への手紙11:32〜12:3 金鍾圭牧師

 情報番組で、あるパン屋が紹介されていた。同じ味のパンを三代に渡って作り続けているそうだ。一時パン屋になろうと思った私だが、大変だと知り諦めた思い出がある。代々受け継ぐというのは素晴らしいことだ。その仕事に魅力を感じていなければなし得ないことだ。
 代々に渡って信仰が受け継がれることは人の業を超えた出来事だ。だが、その中には苦難と誘惑が潜んでいる。途中離れようと諦めたい瞬間が訪れるかもしれない。けれども神は私たちを諦めてはいない。いつも探しておられる。もうじき時は来る。キリスト教の魅力を分かる時が。その時を願いならが歩んでいきたい。
Img_37f99dae7119211581ceed2e40fda3af
Img_6325613e02fe6053edf67af3e54abfc9
Img_35995818f9b2a41c2005faf039493193
・台風19号により被害に遭われた方々を覚えお祈りいたします。
・信徒伝道日礼拝として、信徒の作山姉の奨励をいただきました。
・CS礼拝では、柴山さんのお話を伺いました。
・うどん食堂が10月よりスタートです。
・礼拝後、定例役員会がありました。
Img_ad056a6966b86910466a45b6ce7d5055
Img_161e2bd4d86f32a9b4f67c8c87112bc3
Img_383907126d304091a59cd76c536499af
Img_288adc65de361d0fa2aaa6d81d7c46c8
Img_3566bb9ff9be97c70fcf0d0b3e8e9cf8
2019年10月13日

・台風19号により被害に遭われた方々を覚えお祈りいたします。
 一日も早く元の生活に戻れますよう、神さまの慰めと平安がありますように。
・10月にお生まれになった方々を覚えて、子どもと大人が共に、礼拝を守ることができました。
 感謝です。
・礼拝後に交わりの会の打合せ、CSスタッフ会を行いました。


◎説教メモ「出来ないわたしでも」エレミヤ書1:4〜8 仲程愛美牧師

 自身の器量は己が一番知っている。というのは、人間の思い上がりなのかもしれない。はたまた、神のことばを託される責務から逃れようとする口実か。
 エレミヤは若さ故に、神の呼びかけを拒んだ。だが、そのエレミヤに対し神は「わたしがお前を選んだ。神の言葉を語れ。恐れるな。」と言われた。出来ないと尻込む「わたし」を神は遣わされる。エレミヤを鼓舞した神の熱いまなざしは私たちにも向けられている。
2019年10月6日

・世界聖餐日・世界宣教日として、共にみ言葉を聞き、聖餐に預かりながら、
 礼拝を守ることができました。感謝です。
・国内、国外にて宣教の業を担っておられる方々を覚えてお祈ります。
・病と闘っている友の上に、主のお助けがありますように。


◎説教メモ「地の果てに至るまで」マタイによる福音書28:19〜20 金 鍾圭牧師

 キリスト教において宣教の業は最も重要な働きだ。マタイによる福音書28章、使徒言行録1章に記されているように、イエスが昇天の前に残した大宣教命令であるからだ。その後、キリスト者たちは、イエスの言葉を大事に思い、宣教の働きに励んだ。キリスト教の2000年の歴史は、宣教の歴史と言っても過言ではない。
 宣教への道は未知の世界でもある。宣教の業のため大勢のキリスト者が犠牲なった。キリストの福音を伝えることは、時々危険を伴うのである。2017年、キリスト教の殉教者は9万人に及ぶそうだ。それにも関わらず、海外宣教師は増加して行く。現在43万人の宣教師が世界各国で働いている。日本は876人の宣教師が派遣され、その内教団の宣教師は58人に至る。
 教会が宣教に励む理由は何であろうか。上述したように、地の果てに至るまで、すべての民をキリストの弟子として招き、私たちがキリストの証人となるためだ。世の終わりまで、共にいてくださるイエスを信じながら、私たちも地の果てに至るまで、宣教の業に励んでいきたい。
Img_a2ba946b23a8078f08e8137f3f159ac3
Img_96479f65c05a7ed979b67e51b9a01b94
Img_6a5c7a593340abedb5938ff94a37e9a5
Img_cc78d5b0396fef2ea864fea81304ce2f
2019年9月29日

・一週間を始まる日、共に礼拝を守ることができ感謝です。
・病と闘っている友、被災地の方々を覚えてお祈ります。


◎説教メモ「誇りと野心の大地」コロサイの信徒への手紙3:12〜17 金 鍾圭牧師

 イエス・キリストによって私たちが救われたことは否定できない事実である。私たちはキリストによって活かされ、キリストが行った全てのことをこの世に行い、誇りとして胸に刻んでいる。
 だが、この世には私たちの歩みを妨げる存在が力を増してきた。コロサイの信徒らは次の4つのグループにより苦しみを受けたのである。「霊知主義」「エッセネ派」「禁欲主義」「律法主義」、これらは救い主であるイエス・キリストを否定し、イエスの働きを縮小化した。これに対しパウロはコロサイ教会へ手紙を送り、キリストの人格、あるいはキリスト論について語った。彼らが野心にあふれる者たちから妨げられないようにと。
 この大地に生きているかぎり、キリストに従う者として、コロサイ共同体が受けた試練のようなことは数多くあるであろう。妨げに揺らぐことなく、全うして信仰の道を歩んでいきたい。