◎2019年3月24日(日)礼拝

・レントの3週目を過ごしています。キリストの大いなる愛に感謝です。
・CS礼拝では、柴山真理さんがお話をしてくださいました。
・礼拝後、創立80周年記念礼拝に向けての特別賛美の練習が行われました。
 特別賛美練習は創立記念礼拝(6月2日)まで毎週礼拝後に行います。


◎説教メモ「断捨離の基」ルカによる福音書9:18〜27 仲程愛美牧師

 イエスの祈りの最中に側にいた弟子たちは何を求めていたのか。彼らの心の内を見抜いたのか、イエスの言葉は「従うこと」の本質を突く。自分を捨てることと十字架を背負うことを同一に語るイエスの真意は難解だ。当時の極刑に象徴されるほど、自己を手放すことは難しいことなのだろうか。
 Me First(自己優先)の現代にイエスは言葉を投げかける。
Img_ac909df5920dd4764f7f4f00bb6f7d8b
本日の礼拝
Img_02c29b1884892bcf8506ba56c0e6633b
CS礼拝
Img_8b6bbd7cabf329ff9b888eb7c889dbd3
特別賛美練習
◎2019年3月17日(日)礼拝

・ニュージーランドの友を覚えてお祈ります。
・レントの2週目になりました。
 イエス・キリストの大いなる愛に感謝です。
・CS礼拝では、卒業・卒園礼拝として守り、
 柴山文男兄がお話をしてくださいました。
・礼拝後、定例役員会がありました。


◎説教メモ「ビッシリ積み込んで」ルカによる福音書11:24〜26 金鍾圭牧師

 映画「ホーム・アローン」は、家族旅行に取り残された主人公ケビンと空き巣をねらう泥棒との間で起こるハプニングを描いている。ケビンは大人が不在の留守がバレないよう踏ん張るが、それを見破った泥棒はケビンの家の侵入に成功する…。
 イエスは本書を通して、心の中の空き巣について警告している。常に惑わされることの多い私たちは、神のことを思い、自身を整えることが大事だ。そうでなければ、26節のように事態は悪化するだろう。
悪が浸透できないよう善で心をビッシリと積み込んでいきたい。
Img_dae804cc84da5946fff6c25c43a11d47
本日の礼拝
Img_4db5ac44712607c9adf81a728338046f
CS礼拝
◎2019年3月10日(日)礼拝

・受難節(レント)に入りました。
 私たちのために十字架につけられたイエス・キリストを思いながら、
 このレントの時を歩みたいと思います。
・3月にお生まれになった方々を覚えて子どもと大人が共に
 礼拝を守ることができました。
・礼拝後、CSスタッフ会、共育コアかがありました。


◎説教メモ「毎日がチャレンジ」ルカによる福音書4:1〜13 仲程愛美牧師

 和製英語になったチャレンジだが、本来はもっと鋭い印象を持っている。人に対して挑む、異議を唱えるなど闘うイメージが強い。
 イエスが受けた誘惑は欲を満たす、力・権力に頼る、疑う、と人間の日常に溢れている事柄だ。それらに打ち勝った姿に私たちは気づかされる。この世の中にあってチャレンジばかりだが、どう振る舞うべきかを今一度自身に問い直す受難節としたい。
Img_2a8e3b1aa9d0c05e619e69bced31a102
本日の礼拝
Img_f944d5de44e4590464786d94ce2f38af
ろうそくを1本ずつ消して…
Img_c77dfb30c78adc0ab9952605b15c076e
子どもと大人の合同礼拝
Img_0a69b86f24c369967519c405edf86a66
特別賛美練習
◎2019年3月3日(日)礼拝

・全ての命を尊重する社会のために祈ります。
・一週間の始まる日集められ、共に聖餐にあずかり、
 賛美し、祈り、み言葉を聞くことができました。
・礼拝後、壮年会総会、ぶどうの会総会が行われました。
・病と闘っている友を覚えて祈ります。


◎説教メモ「何を見てきたのか」ルカによる福音書9:10〜17 金 鍾圭牧師

 弟子たちはイエスのもとに集まった群衆の解散を求めた。日没の頃であり、彼らには群衆を世話することが大変だったからだ。その時、イエスは弟子たちに「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と語った。弟子たちは悩み始めた。自分たちが所有している物で5000人以上の人々を食べさせることはできないと判断したのだ。弟子たちの反応は彼らなりに最善のことだったかも知れない。
 だが、彼らはこの直前に、イエスから力と権能を受け、神の国を伝え、病人をいやすために遣わされたばかりだった。神の驚くべき御業を自ら経験したにも関わらず、彼らは直面した問題に悩み始めた。それで申し出た解決案が群れの解散である。これはイエスの働きの中断を意味する。果たしてこれがベストだったのか。彼らはイエスに「私たちがどうすれば良いのでしょうか」と意見を求めるべきではなかったのか。
 この物語はイエスの偉大な力を記しただけではなく、弟子たち、そして私たちに与えられているイエスの教えともみることができるだろう。
Img_067b3bd5cd905d136198c604cf0545ff
本日の礼拝
◎2019年2月24日(日)礼拝

・主日、共に教会へ集い、共に礼拝を守ることができました。
・礼拝後、管理コア会、交わりの会打ち合わせがありました。


◎説教メモ「二つの宣言」ルカによる福音書5:12〜16 仲程愛美牧師

 イエスの癒しの行為にはもう一つの側面がある。「あなたの罪は赦された」と語る治癒は、いのちの回復と尊厳の回復でもある。イエスの奇跡の前に人々は驚き戸惑い恐れたが、この出来事を通して示された神との「出会い直し」に賛美せずにいられなかった。
 神は私たちの人生に触れ、関わり続けてくださる。イエスの宣言は現在に至るのだ。
Img_7ded3195728791b6187df3009fd74ca1
本日の礼拝
◎2019年2月17日(日)礼拝

・週のはじめ、共に礼拝を守ることができました。感謝です。
・礼拝後、定例役員会を行いました。
・病と闘っている友を覚えて祈ります。

◎説教メモ「聞く耳」ルカによる福音書8:4〜15 金 鍾圭牧師

 イエスがこの世に来られたのは私たちを救うためだ。救いの道を歩ませるために、神のみ言葉を伝え、神を信じるようにと人々を説得しなければならない。ところが、イエスは比喩で語る理由として、イザヤ書6章10節を用いながら『…「聞いても理解できない」ようになるため』と言っている。
 人々に神の救い、神の国について理解させるために、福音を宣べ伝えられたイエスであったことを考えると、本書の内容は納得しがたい。イザヤ書6章も同様である。これを私たちはどのように受けとめるべきなのか。
 本書の言葉には、神の憐れみが内在していると思う。「理解できないよう」ではなく、むしろ悟らせるために比喩の言葉を用いられた。「聞く耳のある者は聞きなさい」がその印ではないだろうか。
Img_97fa1bf17213499e3c16854dc2cda248
本日の礼拝
◎2019年2月10日(日)礼拝

・2月にお生まれになった方々を覚えて、子どもと大人が共に礼拝を
 守ることができました。感謝です。
・礼拝後、CSスタッフ会がありました。


◎説教メモ「仕返しはしない」ローマの信徒への手紙12:17〜19 仲程愛美牧師

 目と鼻の先に自分の命を狙う者がいる。ダビデとサウル王のいく度とない巡り合いは、それぞれの心の在り様を問い、映し出していく。
 妬みそねみ、憎しみ怒りは人間の感情の一部であることは否定できない。そこから生まれる復讐心もまた人の心。ダビデは人間の感情の前に一歩立ち止まって考えた。神の思いはどこにあるのかと。
 神に委ねるということはある意味で「人間の思い」を捨てることだ。ダビデの行動の源は「神」が主語にある。どこまで行っても自分本位のサウルと、神の意志を尊重したダビデ。負の感情すらも神に任せていいことを覚えていたい。
Img_f61d10ab9eb8d62a7b6ea6cdde91da25
主日礼拝
◎2019年2月3日(日)礼拝

・一週間の始まる日、共に礼拝を守ることができました。感謝です。
・礼拝後、ぶどうの会・壮年会合同例会として「多様な生き方」について
 学びのひとときを過ごしました。
・体調を崩されている方々、病と戦っている方々を覚えてお祈ります。


◎説教メモ「聞いたことない」ルカによる福音書5:33〜39 金 鍾圭牧師

 イエスキリストの話を聞いた人々の反応は二つに分かれるだろう。一つは「聞いたことない〜」、もう一つは「聞いたことない!」何が違うだろう。前者はイエスの話を無視する反応。後者は今まで知らなかったことを聞いて驚く反応だ。当時、イエスの話を聞いた群衆とは違い、既得権益層(ファリサイ派・サドカイ派)は前者の反応を示した。
 イエスが語っているのは全く新しいものではなかったはずだが、ファリサイ派の人々は、権力と自分たちの利益を守るため、自分たちの専門分野であるはずの聖書の言葉に背いていた。これこそが彼らの傲慢な姿だった。彼らは信仰を利用していたのだ。
 断食とは、自分のためではなく神への道を歩むため自分を捨てる行為である。しかし、ファリサイ派の人々が行っていたのは、自分の偉さを示すための手段に過ぎなかった。このような姿はきっと私たちの中にも存在するかも知れない。自分だけではなく、社会のために生きる主の僕として歩んでいきたい。
Img_1e928d5ae2deed93fc6a5abdef5500b3
本日の礼拝
Img_ceed1755477136bdd7d12585526f3f21
合同例会